Logging: Make it standardized and centralized with FluentD

Hi, I'm Nathalie, an AI Engineer at Ridge-i Inc. For this post, I will briefly introduce FluentD as a tool for logging with docker, and why it's important to keep logging simple to easily scale when working with containers. Introduction St…

Noise as a regularizer, resilience measure, and embedding generator

Hi! This is Ridge-institute and in today's article, Motaz Sabri will share with us his explorations on the person reidentification (ReID) model's ability to generalize across datasets and their distortion robustness. Person ReID is frequen…

アジャイル開発における設計の研究

unsplash@david-travis はじめに アジャイル開発の必要性 アジャイル開発における12の原則 納品の成果物 設計の必要性をまとめ アジャイル開発における設計の手探り アジャイル開発における設計のやり方 最低限設計すべき資料のカテゴリ 設計のツール及び注…

Data Version Control (DVC): Beginner's Guide

Hello everyone, I am Ajmain Inqiad Alam, working as an Artificial Intelligence Engineer at Ridge-i Inc. In this article, I will introduce the Data Version Control (DVC) tool. What is Data Version Control (DVC)? Use case of DVC DVC comparis…

NeRFのレンダリング表現を3D情報として得る方法

こんにちは,Ridge-iの関口です.本記事ではNeural Radiance Fields (NeRF) [1]の技術で場を学習したネットワークから3D情報を取得する方法についてご紹介したいと思います.といっても著者らのオリジナル研究のプロジェクトページ上にあるスクリプトの解説…

RIdge-iのパートタイムエンジニアについて

こんにちは、株式会社Ridge-i エンジニアの岡本です。今回の記事は今までとは少し異なり、私がパートタイムエンジニアの頃に行ったタスクの紹介を通じて、Ridge-iのパートタイムエンジニアの業務内容や、学べることについて知っていただけたらと思います。 …

Image2Point: 3D Point-Cloud Understanding with Pretrained 2D ConvNets

こんにちは,Ridge-iの@obaradsです.本記事では,Image2Point: 3D Point-Cloud Understanding with Pretrained 2D ConvNets [Xu et al, 2021]を紹介します(こちらの論文ではNeural Collapseについても取り扱っていますが,長くなるため今回は省きます). ar…